能面 川井 清雲  Noh-Mask Kawai Seiun
トップごあいさつギャラリー能面の作り方能面の歴史リンク集お問い合わせ

ギャラリー

能面は翁面(おきな)・鬼神面・尉面・男面・女面・怨霊面に大別する事が出来る。 (中村保雄著「能面の美」より)

翁系 okina

  天岩戸の故事にちなみ、平安時代より始まった猿楽に使用されていた面で、神の現実的表出である。作者には飛鳥時代の仏師春日や聖徳太子等が伝えられているが、能面の神秘性、尊厳性を保つ為に称されたと見られる。

翁(白式尉)   翁(白式尉)   翁(父ノ尉)   三番叟(黒色尉)
     

鬼神系 kishin

  「鬼」は死者の霊魂を表し、「神」は天地の神霊を表す。「超人的な威力や能力を持ったもの」と解釈されている。悪魔降伏を内容とする「阿吽(あ・うん)」一対の飛出・べし見が代表される。

大飛出   大べし見   小べし見   顰(しかみ)
     
獅子口(観世形)   獅子口(宝生形)   不動   黒鬚
     
天神          
           

尉系 shou

  神の化身として登場する老翁(小尉)、老神そのもの(石王尉)、人間味の強い老人(三光尉)、外来の老神(鼻瘤悪尉)などの面がある。

小尉   鼻瘤悪尉   大悪尉    
       

男系 male

 実在した人(中将、喝喰、影清等)、目に金冠を填入していて霊的な役(怪士、鷹、一角仙人等)に使用する。

大童子   童子   小喝食(こかっしき)   一角仙人
     

女系 famale

 若い女面(小面、万媚、若女、増女)、中年の女(深井、曲見)、老年の女(姥、老女)に大別される。特に若い女面は女神(天女、天人)として、中年の女面は主として女物狂能に、老年の女面は老いた女神(高砂のツレ役)に使用される。

小面   万媚   若女   泣増
     
姥   作成中        
  泥眼      

霊系 Spirit

  霊妙な神の霊魂で神秘的な尊さを備えている神霊の仮面、崇りをなす死霊や生霊の霊魂など怨霊の仮面の二種類がある。

山姥(真蛇)   般若   平形般若    
       

狂言面 kyougen-mask

 猿楽の中で人間味のあるユーモラスなものが狂言となる。笑いの複雑な表現は面では不可能であり素顔を建前とするが、面を用いる演目もいくつかある。神や鬼、動物(猿・狐)、庶民的なおどけた表情の男女面等がある。

乙   空吹   猿